新着みらいえ~るニュース

みらいえ~る

こんにちは。

2月4日日曜日、「森林のめぐみ 住まいとエネルギーについて話そう♪」第3弾、が開催されました。

当日は、雪がちらついておりましたが終始穏やかな天気で、屋内だけでなく、屋外でのストーブ見学やピザ焼きの体験などみなさん積極的に参加してくださいました。

 

参加者の方が、子どもたちへ風車やブーメランを持ってきてくださいました。ありがとうございます。

 

最初のセミナーはReプランニング竹田氏よりペレットストーブと薪ストーブについてお話いただきました。ペレットストーブと薪ストーブの火力についてや、ペレットストーブは燃やすペレットの量が決まっているので火力が過剰に強くならない、など教えていただきました。

 

 

 

 

次は、ソーラーワールド武内氏より、近年の気温の上昇や生態系の変化、エネルギーや電気についてのお話。家庭で出来る省エネはたくさんあるんだよ、と教えていただきました。子供たちも真剣に耳を傾けてくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お話の次は森のホームステイです。これは、竹で作ったポットに幼木など植樹してご家庭で育ててもらうもの。いまは冬なので幼木ではなく芽の出たどんぐり(ミズナラ)です。「森のなかまたち」の大山さんに手ほどきしてもらいながら、それぞれ選らんだポットに植えました

 

 

 

 

 

そして白壁さんのお話は、森のチカラと題して森にはどんな動物がいて、どんな植物がいて、何が必要なのか?というもの。子どもたちも一生懸命考えてくれました。

 

 

 

さて、お勉強のあとはお待ちかね、試食タイム。

薪ストーブで焚いたご飯、芋煮、お餅、やきいも。子供たちがピザ釜で焼いてくれたピザ。

みんなで賑やかに頂きました。遠赤外線で作った各お料理、どれもとってもおいしいのです。

 

 

 

 

 

実は、スタッフである私もこの試食タイムがいちばんたのしみだったりして(^^)

これらのお料理はストーブの展示やセミナーを引き受けてくださいましたReプランニングのスタッフの方が作ってくださいました。ありがとうございます。とっても美味しかったです。

 

おかげさまで「森林のめぐみ 住まいとエネルギーについて話そう♪」第3弾無事開催となりました。

参加者のみなさま、Reプランニングのみなさま、ソーラーワールド武内様、森のなかまたちの白壁様、大山様、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です