見学会開催のお知らせ

みらいえ~る

みらいえ~る

2014年08月28日

去る2014年8月27日(水) 山形県のペレットストーブメーカーの山本製作所さんの工場と、鶴岡にあるペレット(燃料)工場の見学会に行ってきました。簡単にご報告いたします。

 

まずは山本製作所の会議室で座学を受けました。山形県では平成15年からペレットストーブ購入者に対し補助金が交付されるようになり、環境意識の高まりもあり、そのころからペレットストーブの売り上げが伸びているそうです。

 

 

山本製作所で座学中

山本製作所で座学中

 

座学を終えて、次に山本製作所が製作している鋳物のデザイナーズペレットストーブを見学。こちらは高級品で、お値段は120万円だそうです。

 

 

鋳物製ペレットストーブ「禅」を囲んで。

鋳物製ペレットストーブ「禅」を囲んで。

 

ペレットストーブでありながら、まるで薪ストーブかのような威厳、存在感、高級感を備えた逸品でした。

 

そのあとはペレットストーブの製造工程を見学させていただき、最後にペレットストーブ「ほのか」の実演を見学しました。基本色の3色の他に、オプションで7色があるそうです。こちらの写真はオプションカラー ピンクの「ほのか」です。カワイイですよね。ピンクは主に公共施設でご指名を受けるそうです。

 

 

 

山本製作所のペレットストーブ「ほのか」のピンク色。

山本製作所のペレットストーブ「ほのか」のピンク色。

 

この後、山本製作所の見学を終えてバスで移動し、昼食に松花堂弁当をいただいた後、鶴岡市(旧櫛引)にある、株式会社渡会電気土木さんのペレット(燃料)工場見学に向かいました。

 

 

バスを降りて説明を受けています

バスを降りて説明を受けています

 

とても規模の大きい工場で、ペレットストーブの燃料になるペレットの製造はもちろん、ペレットにできない木くずを使って堆肥製造もおこなっており、ゴミは出ません。資源は全て有効に使っていました。

 

そしてご覧ください、このペレットの山、山、山。こんなにたくさんのペレットはもちろん見たことはありませんし、とにかく圧巻でした。

 

 

製造されたペレットの山。出番が待っています。

製造されたペレットの山。出番が待っています。

 

工場内をくまなく見学させていただいたあとに、見学ツアー参加者一同で記念撮影をいたしました。25人乗りのバスに25人が乗車して、満員御礼のバスツアーでした。

 

参加者で記念撮影

参加者で記念撮影

 

見学会の日は幸いにも暑くもなく寒くもなく、帰りのバスの中で雨が降り出しましたが滞りなく行程を終了することができました。

 

ペレットストーブの製作過程を見学させていただいたり、ペレットの製造の様子を全て見せていただいたりと、大変貴重な見学会となりました。これからいよいよペレットストーブの本格シーズンが始まります。私たちも木質バイオマスを使った暖房器具の良さを広めていきたいと思っています。

 

この見学会は、天童市のペレットストーブ販売店、アールイープランニングさんのご厚意によって実現したものです。ありがとうございました。心より御礼申し上げます。

(いのうえ)

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です